CYDEF2018 Agenda 04APR18
Track Speakers Title Presentation, public releasable, by PDF forma
KNS Fujii, T. 「今後の防衛調達におけるサイバーセキュリティ対策」 “Cybersecurity Policies for Defense Industries in Future” N/A
KNS Liflander 「新しいドメイン、古き課題: NATOの直面するサイバー課題」"New Domain, Old Challenges - NATO meeting the challenge of cyberspace” N/A
KNS Gaycken 「戦略的サイバー防衛」“Strategic Cyberdefense” 04APR18_CYDEF_KNS_Gaycken.pdf
Track 11 Pollicy どのようにサイバーデフェンスエコシステムを構築するか How to build a Cyber Eco System
Tr.11: L1 Murai 「AIやIoT技術を前提とした新しいサイバーセキュリティの使命」 “Advanced roles of Cyber Security in society with AI and IoT” 04APR18_CYDEF_T11_Murai.pdf
Tr.11: L2 Hathaway 「省庁横断的作業部会と共同」 “Building Interdepartmental Working Groups and Cooperation“ 04APR18_CYDEF_T11_Hathaway.pdf ManagingNationalCyberRisk_2018.pdf
Tr.11: L3 Yahiro 「急速に変化するビジネスイノベーションエコシステム 」 “Dynamic Change in business innovation ecosystem” 04APR18_CYDEF_T11_Yahiro.pdf
Tr.11: L4 Rohozinski 「リスクからチャンス」“Opportunity in Risk” N/A
Tr.11: L5 Taniwaki 「日本におけるIoTセキュリティ政策」“IoT Security Policy in Japan” 04APR18_CYDEF_T11_Taniwaki.pdf
Track 11 Policy パネルディスカッション
Tr.11: PM Demchak 「サイバー臣従の回避:サイバー作戦レジリエンス共同」“Avoiding Cyber Vassaldom: Cyber Operational Resilience Alliance” N/A
Tr.11: PP Hathaway 発表資料なし N/A
Tr.11: PP Rohozinski 発表資料なし N/A
Tr.11: PP Taniwaki 発表資料なし N/A
Track 12 Technology 技術戦略と技術能力の開発 Building Technical Strategies and Capabilities
Tr.12: L1 Rohozinski 「サイバー津波:リスク管理―サイバー防衛への効果的ステップ」 N/A
Tr.12: L2 Goto SIPプログラム「重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」の取組み SIP program "Cyber-Security for Critical Infrastructures" 04APR18_CYDEF_T12_Goto.pdf
Tr.12: L3 Gaycken 「サイバー防衛のための高度技術」“Advanced Technologies for Cyberdefense” 04APR18_CYDEF_T12_Gaycken.pdf
Tr.12: L4 Yasuda 「IoT時代のサイバーセキュリティ」”Cyber Security in IoT Era” 04APR18_CYDEF_T11_Yasuda.pdf
Tr.12: L5 Aitel 「どのハッキング能力がサイバー防衛に有益であり、いかにその能力を育成するか」“Which Hacking Capabilities are Useful for Cyberdefense and How to Build Them” 外部リンク先(PREZI Link)
Track 12 Technology パネルディスカッション
Tr.12: PM Ito 「先進的サイバー防衛能力構築のために」“Advanced Cyber Defense Capability” 04APR18_CYDEF_T12_Ito.pdf
Tr.12: PP Yasuda 発表資料なし N/A
Tr.12: PP Gaycken 発表資料なし N/A
Tr.12: PP Aitel 発表資料なし N/A

略語:Key Note Speech(KNS), Track(Tr.), Lecture(L), Panel discussion Moderator(PM), Panel discussion Panelist(PP), Group discussion Moderator(GM), Group discussion Discussant(GD)

注:4日のパネリストは殆ど事前に講義をしているので、パネルにおける発表資料はなし。

グループディスカッションのディスカサントの発表は、モデレータ次第。