NATO平和と安全のための科学採択企画

CYDEF サイバーワークショップ

1 テーマ:Cyber Defense Capability Building

2 主 催:CYDEF実行委員会

3 後 援

(1)海外機関等

NATOサイバー防衛研究所(CCDCOE)

NATO平和と安全のための科学(NATO SPS)

デジタルソサイエティ研究所(ドイツ)

米陸軍サイバー研究所

(2)国内機関等

サイバーセキュリティ戦略本部

総務省

防衛省

独立行政法人情報処理推進機構

慶應義塾大学サイバーセキュリティ研究センター

情報セキュリティ大学院大学

東京電機大学サイバーセキュリティ研究所

一般財団法人 機械振興協会 経済研究所

公益財団法人 防衛基盤整備協会

一般社団法人 ガバナンスアーキテクト機構

一般社団法人 サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム

4 日 程

2018年4月3日(火)〜4月6日(金)

(討議開催日:4月4日(水)〜4月5日(木))

5 場 所

機会新興会館6階会議室(東京都港区芝公園 3−5−8)

6 参加者

(1)講 師

海外:17名 国内:18名 計:36名

講師の経歴及び発表資料は、こちら。

(2)聴講者

各日:約百名 計:約二百名

7 ワークショッププログラム

(1)Day1(4月4日)

Day1の発表資料は、こちら。

時 間 項 目 テーマ 講師等
1000-1145 基調講演 サイバーデフェンス能力構築 藤井(ATLA)、リフランダー(NATO)、ガイケン(DSI)
1300-1800 Tr.11講演 どのようにサイバーデフェンスエコシステムを構築するか 村井(慶大)、ハサウエイ(ハーバード大)、八尋(日立)、ロホジンスキー(SecDev CEO)、谷脇(MIC)
Tr.11パネル討議 デムチャック(米海大)、ロホジンスキー、ハサウエイ、谷脇
Tr.12講演 技術戦略と技術能力の開発 ロホジンスキー、後藤(情セ大学長)、ガイケン、安田(東電大学長)、アイテル(Immunity CIO)
Tr.12パネル討議 伊東(METI)、安田、ガイケン、アイテル

注:講師敬称略、組織名略称

(2) Day2(4月5日)

Day2の発表資料は、こちら。

時 間 項 目 テーマ 講師等
1000-1145 基調講演 サイバーデフェンス能力構築 メイソン(PACOM)、アラタル(CCDCOE)、マックスウエル(米陸軍サイバー研)
1300-1530 Tr.21講演 どのようにサイバーデフェンス人材を育成・雇用していくか カルバルホ(NATO)
Tr.21集団討議 湯淺(情セ大学長補佐)、清水(CIBOK-CIKF)、則房(NEC)、手塚(慶大)、コストポウロス(ハーバード大)、リ(高麗大)、アントウネス(NATO)
Tr.22講演 どのようにサイバーリスク管理のための戦略を構築していくか 林(武蔵野大)
Tr.22集団討議 コストポウロス、デムチャック、ハサウエイ、ウィドマン(CCDCOE)、松岡(Oracle)、藤井(NRI)
1540-1805 Tr.23講演 どのようにサイバーデフェンスを行うか アクドゥガン(NATO)
Tr.23集団討議 チアネロ(NATO STO)、アクドゥガン(NATO)、アイテル、高倉(NII)、仲間(NISC)
Tr.24講演 先端的なサイバーデフェンスに対する認識はどのようなものか クリップスタイン(米陸軍サイバー研)
Tr.24集団討議 武田(慶大)、満永(IPA)、マックスウエル、ロホジンスキー、ガイケン

注:講師敬称略、組織名略称

8 報道等

(1)NHKニュースWeb「サイバー攻撃対策NATO加盟国から学べ 都内で初のシンポ」2018.04.06(現在はYouTubeで聴取可能)。

(2)山ア文明「日本初のサイバー国際会議 動きはじめた日米欧の連携」『週刊エコノミスト』5月1・8日号。

9 成果物

(1)ウエブサイト

(2)出版物:『プロシーディングス』刊行予定(Springer社)

10 特 徴

(1)NATO SPS採択企画イベント(資金面及び講師派遣)

(2)NATOの規約により、聴講無料、営利企業の援助は受けず。

(3)主催団体(CYDEF実行委員会)スタッフは無報酬参加(会場運営アルバイトを除く)

11 写真集

こちら

12 ブローシャ

『CYDEF2018 Cyber Defense Workshop』(2018年6月改訂版)は、こちら。